長崎県のアクティビティ予約なら"長崎ツアーズ"♪

長崎市「高島」の観光情報まとめ

長崎にはたくさんの離島がありますが、なかでも高島はアクセス抜群の一押しスポット

長崎港から約35分で行けて、透明度抜群の海で様々なマリンアクティビティが楽しめます。

世界遺産に認定された軍艦島から近く、高島の高台からは軍艦島の姿をはっきりと見ることができます。

今回はそんな高島の観光スポットとオススメの観光プランをご紹介いたします!

 

◎ネット予約OK!サンゴが見れるシュノーケリング体験はこちら↓

◎高島のシーカヤック体験はこちら↓

 

長崎市「高島」の概要|歴史・人口・観光スポットなど

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

長崎市の高島は、長崎港の南西約14.5kmの沖合に浮かぶ島です。

世界遺産に認定されたことで一躍有名になった軍艦島(端島)をはじめ、中之島、飛島、そして高島の4つの島が高島地区を形成しています。

 

長崎市高島の歴史|軍艦島と同じく炭坑で栄えていた

かつての高島は軍艦島と同様に炭坑で栄えていました。

石炭採掘の最盛期には高島・端島(軍艦島)にあわせて2万人以上の人が住んでいました。

しかし、エネルギー革命により燃料の主役が石炭から石油に代わったため、端島炭坑と高島炭鉱はそれぞれ昭和49(1974)年、昭和61(1986)年に閉山しました。

当時建てられた鉄筋コンクリートのアパート群は、現在でも高島の島内に残されています。

 

長崎市高島の人口|島の人口は約370人

高島地区の4つの島のうち、現在では高島だけが有人の島です。

島の人口は約370人、島内には長崎市立の小学校・中学校があります。

現在は飛島と防波堤でつながっており、磯釣り公園などマリンレジャースポットの整備が進められています。

また、たかしま農園で育てられる高島フルーティトマトが有名です。

 

長崎市高島の観光スポット|世界遺産の炭坑跡がある!

もともと炭坑として栄えた高島には、当時の様子が伺えるとても貴重な産業遺産が残っています。

炭坑跡の「北渓井坑跡」(ほっけいせいこうあと)は世界遺産にも選ばれているほか、グラバー園で有名なトーマス・グラバーが暮らしていた「グラバー別邸跡」など、見どころ満載です!

島の資料館には炭坑で使われていた本物の工具や衣類など貴重な資料が展示されています。

 

長崎市高島のアクセス|長崎市街地からフェリーで35分

アクセス抜群の高島は長崎市街地から日帰りで行けるのが魅力

長崎市街地にある長崎港ターミナルから高島までは、フェリーで約35分。

ちなみにJR長崎駅から長崎港ターミナルまでは歩いて約15分です。

 

フェリーの本数も1日8便と充実しており、往路(高島行き)は朝5時台から、復路(長崎行き)は夜10時近くまで運行しています。

高島は直径1.5kmほどのコンパクトな島なので、島内の移動は徒歩でOK

体力に自信がない方には、毎日20本近く運行している循環バスや、レンタカー・レンタル自転車(電動アシスト付き)を利用しましょう。

参考記事:長崎・高島行きフェリー(高速船)の乗り方まとめ

 

長崎市高島の宿泊場所|民宿やキャンプ場へ

高島には主に2つの宿泊場所があります。

一つは「しまの宿 五平太」。フェリーが発着する高島港から徒歩7分の場所にあり、高島海水浴場の近くにあります。

お子様連れのご家族やグループでの宿泊にオススメです。

もう一つは「高島ふれあいキャンプ場」。高島海水浴場のビーチに隣接しており、美しい海を眺めながらキャンプができます。

キャンプ場内には常設のテントがあり、食材等を持ち込めばバーベキューも楽しめます。

 

長崎市「高島」の観光スポット紹介

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

そんな魅力たっぷりの高島ですが、なかでも一押しの観光スポットを5つご紹介いたします。

いずれのスポットへも高島港から歩いて30分以内でアクセス可能!

気軽にまるっと高島の人気スポットを満喫しましょう♪

 

高島の観光スポット1:高島海水浴場

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

出典:4travel

まずは美しい海が楽しめる「高島海水浴場」。高島港から歩いて約10分のところにあります。

青く透き通った海ときれいなビーチが最高!

入江になっており波はとっても穏やかなので、小さなお子様でも安心して海水浴が楽しめます

海水浴場内にはサンゴが発達しているスポットもあり、現地ガイドが案内するシュノーケリングツアーやシーカヤック体験が大人気です。

 

高島の観光スポット2:高島飛島磯釣り公園

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

出典:ながさーち

高島の北端にある「飛島磯釣り公園」では、手軽な防波堤釣りや本格的な磯釣りまで幅広い釣りが楽しめます。

釣り竿や仕掛けはレンタルOK

飛島磯釣り公園までは高島港から徒歩15分です。

 

高島の観光スポット3:権現山公園・展望台

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

権現山展望台は高島でもっとも高い場所にあります。高島港からは歩いて約30分。

島内を一望できるほか、軍艦島や長崎半島、晴れた日には五島列島まで見渡せます

水平線に沈む夕日や満天の星空も楽しめるおすすめスポットです。

 

また、もう少し手軽に景色を楽しみたい方には「軍艦島が見える丘」がおすすめ。

島の南側にあるこの丘からは、約3km先の軍艦島がはっきりと見えます。

高島港からは徒歩15分、車道も整備されているので、レンタカーや自転車でもアクセスできます。

 

高島の観光スポット4:TAKASHIMA BASE

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

高島での一押し食事スポット「TAKASHIMA BASE」。

高島港から歩いて8分のところにあり、こだわりのハンバーガーやコーヒーが味わえます。

もともとは倉庫として使われていた建物をリノベーションしており、長崎内外のメディアからも取り上げられるオシャレなカフェです。

カフェでは高島にちなんだ手作り雑貨なども販売しています。

高島を訪れる際にはぜひ立ち寄ってほしい一押しスポットです。

 

高島の観光スポット5:北渓井坑跡

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

出典:4travel

高島の炭坑跡「北渓井坑跡」(ほっけいせいこうあと)は、軍艦島とあわせて世界遺産に選ばれています

日本ではじめて蒸気機関を導入して石炭を採掘していた炭坑で、その歴史は1868年にまでさかのぼります。

深さ40m以上の地中から、1日に300トンもの石炭が産出されていました。

1876年に廃坑となり、炭坑へと通じる竪穴は現在はふさがれています。

石炭資料館やグラバー別邸跡など、当時の様子を今に伝えるスポットにもあわせて訪れてみてください。

 

長崎市「高島」で楽しむ体験(アクティビティ)3つ

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

青く美しい高島の海では、海水浴はもちろんいろんなマリンアクティビティが楽しめます。

ここではオススメのアクティビティ3選をご紹介いたします!

 

高島の体験1:シュノーケリング

※こちらは実際に現地で撮影された動画です!

まず1つ目は「シュノーケリング」。

高島港から徒歩10分の高島海水浴場で行われているシュノーケリングツアーでは、サンゴが生息するおすすめスポットへ現地ガイドが案内してくれます。

シュノーケリングでサンゴが見れる場所は全国的にみても珍しく、とても貴重なスポットとなっています。

 

なんと2歳のお子様からご参加OK

波の穏やかな入江で経験豊富なインストラクターが付いているから、安心・安全に楽しむことができますね。

高島でのシュノーケリングは、ピクニックのワクワク感をプラスして「シュノーケリングピクニック」と呼ばれています。

 

◎ネット予約OK!シュノーケリング体験はこちら↓

 

高島の体験2:カヌー(シーカヤック)

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

続いて2つ目は「カヌー(シーカヤック)」。

細長い小舟に乗って、入江の中や外海でのクルージングを楽しみます。

基本的に全身がずぶ濡れになることはないので、少し肌寒い季節でも体験OK

海の上から水中をのぞいてみると、色とりどりのお魚やきれいなサンゴが見えるでしょう。

 

カヤック経験者の方には、軍艦島へのカヤック・クルージングがおすすめ。

うまく潮の流れに乗って、軍艦島を目指しましょう。

陸の上では出会えない、水面からの景色が楽しめるのがカヤックの魅力です。

 

◎ネット予約OK!初心者向けカヤック体験はこちら↓

◎経験者向けカヤックレンタルはこちら↓

 

高島の体験3:海釣り

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

出典:ながさーち

最後に3つ目は「釣り」。

長崎のいろんな場所で楽しまれている釣りですが、高島は長崎県内でも大人気のフィッシングスポットです。

飛鳥磯釣り公園をはじめ、島内には良いポイントがたくさん!

休みの日には市街地から高島へ釣りに出かける人も多くいます。

 

長崎市「高島」の日帰り観光プラン

これまで高島のオススメスポットやアクティビティをご紹介しました。

どこに行ったらいいか迷ってしまう方のために、高島を楽しむ日帰りプランをご案内いたします!

高島の魅力を満喫できるプランになっているので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

(午前中)長崎港から出発

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

出典:ながさーち

8:50長崎港から出発

長崎港から高島まではフェリーで約35分、大人片道1,020円です。

長崎港ターミナルビルには、余裕を持って8:30頃までに行くようにしましょう。

高島行きのチケットを買って、船へ乗り込みます。

長崎港から高島へのアクセス方法は「長崎港〜高島のフェリー(高速船)の乗り方まとめ」をお読みください。

 

(午前中)高島に到着!

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

出典:4travel

9:25高島港に到着

フェリーを下りて、いよいよ島に上陸です!

まずはサンゴが見れるシュノーケリングツアーに参加するため、高島海水浴場へと向かいましょう。

海水浴場までは徒歩10分。循環バスを利用すれば約2分で移動できます。

 

(午前中)シュノーケリング体験

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

10:00シュノーケリングツアー開始

海水浴場に着いたら、シュノーケリングツアーの受付に向かいます。

ライフジャケットに着替えて、いよいよシュノーケリングツアーがスタート!

まずは浅瀬で呼吸方法などを練習して、サンゴや熱帯魚が生息するスポットへと向かいます。

 

◎シュノーケリング体験の予約はこちら↓

 

(お昼)TAKASHIMA BASEでランチ

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

12:00ランチ

シュノーケリングが終わったら、TAKASHIMA BASEへ移動してランチタイム。

特製のハンバーガーをいただきます。

食後のコーヒーを飲みながら、高島で暮らす店員さんから島のことを教えてもらいましょう。

 

(午後)シーカヤック体験

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

13:00カヤック体験スタート

TAKASHIMA BASEが開催するカヤック体験に参加します。

波が穏やかなポイントで、丁寧にレクチャーしてもらいましょう。

経験者の方は舟をレンタルして軍艦島を目指すのもおすすめです!

 

◎カヤック体験の予約はこちら↓

 

(午後)高島の島内を散策

長崎市の離島「高島」の観光・宿泊・体験を紹介 釣りやシュノーケリング、シーカヤックも人気

出典:4travel

15:00島内観光へ

カヤック体験が終わったら、TAKASHIMA BASEでひと休み。

帰りのフェリーは18:00出発なので、少しだけ島内観光へ出かけましょう。

まずは高島港のすぐ近くにある石炭資料館へ(無料、17時閉館)

日差しが傾いてきたら、北渓井坑跡や権現山展望台へ行ってみましょう。

 

(夕方)長崎市街地のホテルへ

18:00高島港を出発

まる1日高島を楽しんだら、市街地のホテルへと戻りましょう。

帰りの船では高島の想い出にひたりながら一眠り。長崎港には18:35到着です。

 

長崎市「高島」を楽しもう!

いかがでしたか?

長崎港から約35分の離島「高島」。

透明度抜群の海と、世界遺産にも選ばれた産業遺産が魅力の島です。

まだまだ観光地としてはマイナーな島ですが、サンゴが見れるシュノーケリングツアーやシーカヤック体験など、見所満載の一押しスポットです。

ぜひ長崎へお越しの際は高島へ足を運んでみてくださいね♪

 

◎高島の体験予約は長崎ツアーズ!

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、長崎ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!